株式会社UL島津ラボラトリー

海外環境規制
調査対応アドバイザリー

体制構築支援

化学物質の管理方法や、サプライヤからの調達ルールの設定など、継続的な環境規制対応のためには、
対応方法を社内体制に落とし込む必要があります。
設計~調達~生産~管理と一連の流れにおいて、規制対応のために行うべきアクションを社内フローに
落とし込み、文書化します。

以下のような社内文書の作成を支援します

グリーン調達基準書
サプライヤの化学物質の管理状況を確認するための調査票や、製品含有の規制化学物質について適合宣言と報告を求める濃度・物質の一覧など、社外(サプライヤ)へ向けた環境基準を設け、調達のルールを明確化します。
製品監査プログラム
完成品の抜き取り試験のプログラムなど、基準に適合しているかどうかの社内試験のプログラムを作成します。
製品表示基準書
製品設計に盛り込むべき、表示要求をまとめます。
化学物質管理手順書
以下のような製品適合に必要な要求事項への適応確認を、製品設計・製造のどのステップでどの部門が行うのか、社内の一連の流れを規定します。
  • サプライヤへ要求するグリーン調達基準
  • 汚染を防ぐための製造工程管理基準
  • 4M変更があった際の確認手順

また、環境規制に対する社内理解を深めていただくためのセミナーも開催可能です。

関連カタログ

ご質問・ご相談がありましたら、「お問い合わせ」フォームよりお気軽にご連絡ください。