GREENGUARD認証(グリーンガード)サービス



Indoor Air Quality とよばれる室内空気質は、一般住宅やオフィス、学校、車の中など、私たちが普段過ごしている室内の空気環境の質の事です。目に見えなくても、私たちが体の中に一番多く取り入れているもので、食べ物や水と同じように健康に影響を与えます。


近年では、シックハウス、シックスクールおよびシックカー症候群の原因として注目されています。ULでは、そ の大切な室内空気環境を守るGREENGUARD認証を提供しています。


2015年3月より京都にある株式会社UL島津ラボラトリーの試験所にて、GREENGUARD認証対応の試験を実施可能になりました。

室内空気質(Indoor Air Quality)の重要性

  • 人は90%の時間を室内で過ごす
  • 室内の空気汚染は屋外の2~10倍
  • 最大の汚染源は家具や建材などからの化学物質
  • 人体への汚染経路の70%は呼吸

GREENGUARD認証

  • GREENGUARD Environmental Institute(GEI)によって始められた、室内空気環境(IAQ)の第三者認証
  • GREENGUARDは、世界で最も厳しい基準を持つ揮発性有機化合物(VOC)の排出測定試験に基づいた認証
  • 現在36の製品分野で1000の工場、56000を超える製品を認証 (2020年7月時点)

GREENGUARD認証が対応している主要な認証プログラム


『環境に優しい建物』を意味するグリーン・ビルディングに対する取組みが世界中で推進されており、建物の環境配慮設計は世界的コンセンサスになりつつあります。特にグリーン・ビルディング認証の1つであるLeadership in Energy and Environmental Design (LEED) は世界各国で普及しており、日本国内でも近年申請・取得件数が急増しています。また、これに加えて、人々の心身の健康に焦点を合わせたWELL認証も注目されています。
ここで紹介するGREENGUARD認証は、世界で最も厳しい低VOC放散製品の基準として広く認められており、認証取得した家具製品はLEEDのポイント加算対象として有効です。GREENGUARD Gold認証を取得した建材・家具製品はLEEDとWELLの両方に対してポイント加算対象となる要件を満たします。
なお、LEED、WELLのみならず、世界中の350以上の環境認証プログラムが、室内空気質に関してはGREENGUARD認証を認めており、US EPAが規定する米国連邦政府のグリーン調達基準を満たす製品としても認められます。


GREENGUARD認証が対応している主要な認証プログラムの例

GREENGUARD認証の受けられる主要な製品分野

家具  建材  床材  壁材  断熱材  塗料  電気製品  プリンター  照明  繊維・織物  接着剤
3Dプリンター  清掃用品およびメンテナンス用品  呼吸ガス経路のある医療機器

GREENGUARD認証プログラム(主要項目)

GREENGUARD認証フロー

問合せ先

株式会社 UL 島津ラボラトリー 営業技術部


TEL: 075-803-0789

E-mail:ULShimadzu@ul.com